オリジナル・グリーンワルト

ドイツ・バイエルン州・グリーンワルトの街並み

グリーンワルト市はドイツの南東部に位置する1300万人のバイエルン州の州都として栄えているミュンヘンの南20キロメートルに位置する人口1万人の町です。
街はイザール川に面しており、ミュンヘンの近代工業化と共に、その経営者家族が住居を決めた事から発展してきました。

グリーンワルトの街の入り口に立つ看板


街はミュンヘンとミッテンワルトを繋ぐ国道11号線の両側に位置し、整然とした街並みが広がり、美しい建物と幅の広い街路はドイツ文化の深さを象徴しています。

オーナーがこの街を始めて訪れたのは1986年の夏でした。透き通った色のドライな味で人々を魅了するフランケンワインと酵母が生きているWEISS BIER(白ビール)がこの街の魅力です。食事はミュンヘンから北方に160キロメートルに位置するニュールンベルグ(グーテンベルグで有名な)のNUERUNBERGER KLEINE WUERSTCHEN (ニュールンベルグの小さなソーセージ)と巧くあって本当に美味しいです。勿論、毎日、食べるわけにはいきませんが。

グリーンワルトの街を彩る豪邸


また、ミュンヘンにはその中心にそびえる市庁舎ばかりでなく、フラウエン教会、それに陶磁器の名前にまで付けられたニンフェンブルグ城などがありますが、街の郊外にはスターンベルグ湖、キムゼー湖などの多くの湖が点在し、また、バイエルン州最後の国王、ルードビッヒ2世が建築した有名なノイシュバンシュタイン城が近くにあります。グリーンワルトの街と共にノイシュバンシュタイン城にまで足をのばされるのも良いかと思います。


セント・トーマス教会

ホテル・グリーンワルト


ノイシュバンシュタイン城


フッセン近郊の風景