☆☆☆ グリーンワルト財団・第18期奨学生・レオン・リッチウス君の4回目レポートです ☆☆☆

Neben dem Erlangen von grundlegenden Japanisch-Kenntnissen und dem Auseinandersetzen mit der japanischen Kultur und Geschichte sollen die Stipendiaten der Grünwaldstiftung auch den japanischen Alltag erleben. Einen großen Teil davon macht nach wie Arbeit aus. Auch wenn sich die Situation in den letzten Jahren verbessert hat bleiben Japaner zumeist deutlich länger in der Arbeit als vertraglich geregelt. Da die Arbeit eine so zentrale Stellung im Alltag einnimmt, wollte ich unbedingt einen genaueren Blick drauf werfen. Die Grünwald Stiftung unterhält sehr gute Beziehungen zu Yanmar und so durfte ich dieser Firma einen dreitägigen Besuch abstatten. Yanmar ist ein japanisches Familienunternehmen, dass für seine kompakten Dieselmotoren bekannt ist. Mittlerweile hat das Unternehmen fast 20.000 Mitarbeiter und hat ihr Tätigkeitsfeld stark erweitert. So werden neben den Dieselmotoren nun auch Gasturbinen und sogar ganze Landwirtschaftsmaschinen hergestellt. Auch im Feld der Anbautechnik ist Yanmar mittlerweile vertreten.

基礎的な日本語の知識、又日本の文化・歴史について考察し知識を得られたところで、グリーンワルト財団の奨学生として、やはり日本の日常というものを経験せずにはいられないと思います。日本人の生活の大部分を占めるのは、やはり”仕事”ではないでしょうか。ここ数年で状況は改善されたとは言え、日本人労働人口の多くが、契約上の労働時間を遥かに超え、長時間働いています。多くの日本人にとって、”仕事”が日常の中心にある以上、そのことをどうしても体験してみたいと思っておりました。グリーンワルト財団は、ヤンマーホールディングス株式会社と良い関係にあるということから、こちらで私は3日間にわたって企業訪問をさせて頂きました。ヤンマーは、高性能なディーゼルエンジンで名高い同族経営の日本の会社で、時間の流れと共に約2万人の従業員を雇う大企業となり、事業範囲も格段に広がりました。ディーゼルエンジンに加え、ガスタービンや農耕機器全般に至るまでも生産しています。農業機械の分野において、もはや日本を代表する世界的な企業となっています。

yanmar_2_jpg

Zum Auftakt meines Besuches wurde mir die Unternehmensphilosophie nähergebracht. Unter dem Motto „For a sustainable Future“ will das Unternehmen seinen Teil dazu beitragen, die Probleme unserer Generation zu bewältigen. Durch effiziente Antriebe und innovative Anbautechniken will Yanmar dem Klimawandel und der Nahrungsknappheit in Folge der Bevölkerungszunahme des 20. und 21. Jahrhunderts entgegentreten.

今回の企業訪問に際し、企業哲学を多く感じられる様になりました。”テクノロジーで新しい豊かさへ”をスローガンに、これからの時代にますます重要性を増していく領域で、お客様の課題を解決できるように貢献できることを、ヤンマーは目指しています。気候変動や

20〜21世紀の人口増加に伴う食糧難といった地球規模での問題点に対し、最も効率よくエネルギーを循環させ、最先端の技術を駆使し、新しい豊かさの実現に貢献しています。

yanmar_3_jpg
Anschließend gab es einen Rundgang im Hauptsitz des Unternehmens in Umeda. Dieses hochmoderne Bürogebäude wird auch Flying-Y Building genannt und ist mit modernster, hauseigener Gebäudetechnik ausgestattet. In den nächsten Jahren wird das Gebäude aller Voraussicht nach zum Zero-Emission-Buildings umgerüstet und kann an sonnigen, milden Tagen sogar überschüssige Energie ins Stromnetz einspeisen. Aber nicht nur die Gebäudetechnik, sondern auch die Arbeitsweise wirkte auf mich sehr modern. Der Hauptsitz beherbergt vor allem die Personalabteilung, und bietet keine klassischen Arbeitsplätze mehr. Jeden Tag wird den Mitarbeitern innerhalb ihrer Abteilung ein neuer Sitzplatz zugelost. So wird der Austausch unter den Mitarbeitern gefördert und Grüppchenbildung vermieden.

Die Mitarbeiterkantine liegt im obersten Stock des Gebäudes. In der Mitte des Raumes ist ein großer Baum von Bienenstöcken umrandet. Damit die Bienen nicht beim Essen stören ist eine Trennwand aus Glas eingezogen. Den Honig dieser Bienen kann man direkt in der Kantine erwerben. Auch ansonsten wurden viele organische erzeugte Produkte von Baueren, die mit Yanmar zusammenarbeiten, angeboten.

波紋をコンセプトにしたヤンマーの本社ビルは梅田にあります。この現代的な高層オフィスビルは、”Flying-Y Buildung”の愛称で親しまれ、最新のテクノロジーとデザインが集結した、自社所有の建物です。晴れの日には利用されていないエネルギーを電力供給網に貯めておくシステムを始めとした様々なアイデアや技術により大幅なCO2削減を可能としており、将来的にはCO2排出量ゼロを目指しています。しかし、建築技術のみならず、働き方もとても現代的である印象を受けました。この本社の人事部では、古典的な旧式の仕事場を提供していません。仕事内容に合わせて日々、従業員が自身の部署内で適宜移動し、集中席、交流席、発送席など様々な機能の席を選び業務を行うことができます。そのことにより、各部署で従業員の間での情報交換が求められる様になり、グループで固まってしまう事も避けられます。

社員食堂はビルの最上階にあります。この食堂の真ん中には吹き抜けの空間があり、ここはハチミツを採集するための養蜂場となっています。ガラスの壁で囲まれているため、蜂が食事の邪魔をすることもありません。ここで採れたハチミツは直接購入することも可能です。その他にも、ヤンマーと共同生産された、様々なオーガニックの農作物もありました。

yanmar_1_jpg

Für den restlichen Aufenthalt waren vor allem Werksbesuche eingeplant. So fuhren wir mit dem Shinkansen nach Okayama um das Kurashiki-Biolab und das Okayama-Werk zu besuchen. Besonders beeindruckend fand ich aber das Ibuki-Werk in Maibara. Obwohl hier ca. 2000 Varianten von Dieselmotoren in nur einer Hand voll Fertigungsstraßen hergestellt werden, ist der automatisierungsgrad enorm hoch. Hier konnte ich hautnah miterleben, wie gut japanische Unternehmen Prozesse optimieren können. Nicht ohne Grund zählt dies zu einer der Paradedisziplinen der japanischen Wirtschaft.

その他の企業訪問時間では、工場見学もさせて頂きました。ヤンマー岡山工場と倉敷ラボを訪れるために、新幹線で岡山へと向かいました。特に印象深かったのは、米原にある伊吹工場です。ここでは、約2000種ものディーゼルエンジンが一方向のみに製造ラインを構えて生産されており、その自動化の度合いはものすごく高いです。日本の企業の生産過程がいかに素晴らしい精度を誇っているかということを、私は目の当たりにすることができました。

Abschließend gab es ein gemeinsames Abendessen mit der Abteilung, die meinen Besuch organisiert hatte. Hier konnten wir das Erlebte gemeinsam noch einmal Revue passieren lassen und haben einen schönen Abend verbracht.

今回の企業訪問を企画して下さった部署の方々との夕食会の場を最終日の晩に設けて頂きました。今回の訪問を通して経験出来たことを振り返り、素敵なひと時を過ごすことができました。

Insgesamt machte Yanmar auf mich einen sehr modernen und zukunftsorientierten Eindruck und ist schon deutlich weiter als andere Unternehmen, die noch stark am japanischen Arbeitsmodell festhalten. Von Freunden erfuhr ich, dass die Hierarchie in japanischen Unternehmen sehr steil ist und streng eingehalten wird. In Zeiten, als japanische Firmen westliche Produkte nachahmten aber deutlich billiger anboten, war ein solches Topdown-Management besser geeignet. Heutzutage gehört Japan jedoch zu den führenden Industrienationen und muss selbst Hightech-Produkte entwickeln. Eine starre Hierarchie bietet aber wenig Raum für die hierfür benötigte Kreativität und Inspiration. Und so sind einige wichtige Firmen wie Sony oder Toshiba in Probleme geraten. Manch andere wie Sharp sind sogar weitgehend von der Bildfläche verschwunden. Obwohl ich bemerkte, dass Yanmar sich nach wie vor in einer Übergangsphase befindet, bin ich der Meinung, dass das Unternehmen auf einen sehr guten Weg ist. Auch wenn es noch Unterschiede zwischen dem Hauptsitz und den älteren Einrichtungen gibt ist eine große Bereitschaft erkennbar, neue Wege zu beschreiten und entschlossen die Zukunft zu gestalten.

ヤンマーの企業訪問を通して、私はとても現代的で未来を見据えた企業であるという印象を受け、日本的なビジネスモデルに未だ固執している他の企業とは大きく異なっていると感じました。友人達から聞いたところによると、日本企業下での上下関係はとても厳しく、厳格にそうした関係性が守られているそうです。日本企業が西洋の製品を手本として、しかし今よりはるかに安く提供されていた時代には、そうした日本型トップダウンシステムは今よりもよく機能していた様です。けれども今日では、日本は産業国家をリードする立場となり、ハイテク産業を自ら開発していく側になりました。そのために不可欠な創造性や着想を得ることは、堅苦しい階級社会では難しい様です。それ故、世界的な大企業であるソニーや東芝が問題に陥っていると言います。シャープ等いくつかの大企業では、それどころか大幅にその存在が小さくなってしまったところもあります。ヤンマーもおそらく今現在そうした大きな変遷期にあるのだと思いますが、それはとても良い方向性に進んでいる、という意味での過渡期である様に感じます。もちろん新旧の各体制がまだ混在しているとしても、確実に新たな道を歩み始め、確固たる未来に向かっていると思います。

Ich bedanke mich herzlich bei Yanmar und der Grünwaldstiftung für diese bereichernde Erfahrung. Insbesondere möchte ich mich bei Kajikawa-san und Oizumi-san bedanken, die mich während des gesamten Aufenthalts begleitet haben und nebenher noch ihrer eigentlichen Arbeit nachgegangen sind.

この場をお借りしまして、ヤンマーホールディングス株式会社、並びに、グリーンワルト財団に、こうした豊かな経験ができる機会を頂きました事、心より御礼申し上げます。また、お忙しい中でお時間を頂戴し、今回の企業訪問中に各部署へとご引率頂きました梶川様と大泉様に、心から感謝申し上げます。

yanmar_4_jpg

☆☆☆ グリーンワルト財団・第18期奨学生・レオン・リッチウス君の3回目レポートです ☆☆☆

In den bisherigen Berichten habe ich vor allem berichtet, welche Orte ich besuchte, an welchen Events ich teilnahm und wie ich meinen Alltag verbrachte. Nach etwas mehr als sechs Wochen des Beobachtens möchte ich mich nun mehr der Japanische Kultur und Gesellschaft und deren Wirkung auf mich widmen.

これまでのレポートでは、私が訪れた場所や参加したイベントについて、またどの様な日常を送っているかについて触れました。6週間が過ぎたところで今回のレポートでは、日本の文化や社会について、またそれらが私に影響したことについて触れたいと思います。

Ein Thema drängt sich mir besonders auf, da es so häufig zu Tage tritt: Die Sprachbarriere.

まず1つ目のテーマは、ここのところ特によく感じる”言葉の壁”についてです。

Zunächst einmal bin ich ein wenig enttäuscht über meinen bisherigen Fortschritt beim Erlernen der Japanischen Sprache. Bereits in Deutschland hatte ich mit Sprachkursen der TUM begonnen. Insgesamt lerne ich nun seit ca. eineinhalb Jahren Japanisch. Mittlerweile gelingt mir die Kommunikation im Alltag recht gut. So kann ich ohne Probleme Nachfragen beispielsweise beim Einkaufen tätigen oder etwas Smalltalk führen. Bei ungewohnten Gesprächsthemen verstehe ich aber vieles nicht auf Anhieb und muss häufig nachfragen, wodurch ein tiefergehender Austausch auf Japanisch nahezu unmöglich ist. An sich gesehen ist das zwar schade, aber wird erst zum Problem durch die Fremdsprachenkenntnisse der Japaner, die in der Regel noch unter meinen Japanisch Kenntnissen liegen.

自分がこれまでに日本語を習得してきた過程について、自分自身に失望した部分も少しはありました。私はドイツのミュンヘン工科大学での語学学校で、日本語を学び始めました。これまでに1年半程、日本語を勉強していることになります。日常会話はなかなか良い感じにコミュニケーションが取れる様になってきました。例えば買い物をしたり、ちょっとした世間話をしている時には問題なく日本語で会話ができます。でも馴染みのないテーマに話しが及ぶと一気に分からない事が多くなるので質問する回数も増え、その事で込み入ったところまで日本語で交流するのはほぼ不可能であると感じます。もちろんそれは残念なことなのですが、でもさらに問題になってくるのが、基本的に私の日本語の知識より日本人の外国語の知識よりがさらに低いということです。

Japan ist liegt in ganz Asien im Vergleich der durchschnittlichen Punktezahl beim TOEFL vor Laos auf dem vorletzten Platz, bei den Ausgaben für Englischunterricht aber auf dem ersten Platz. Der Englischunterricht ist in Japan ab der Mittelschule Pflicht. Ich habe mich in letzter Zeit viel darüber informiert und mich bei jungen Japanern erkundigt, warum es eine solche Diskrepanz zwischen dem Aufwand in der Lehre und den tatsächlichen Kenntnissen der Sprache existiert und bin auf einige interessante Erkenntnisse gestoßen:

アジア各国の英語の平均点で比べた時に、トーフルに於いてはラオスに次いで日本は最も低いのですが、しかし英語の授業の課題になると日本がトップに君臨しています。日本では、中学生から英語が必須科目となります。ここのところ、このことについてかなりの情報を集め、授業での成績と実際の知識量がこんなにも乖離しているのかという点での矛盾について日本の若い世代の人たちにも尋ね、いくつかよく洞察された興味深いデータを見つけたので、ここに記したいと思います。

  1. Altmodischer Unterricht: Historisch gesehen wird in Japan vor allem die Grammar-Translation-Methode angewandt [Stewart & Miyahara 2011]. Hierbei lernen die Japaner die englische Grammatik und nutzen diese, um englische Texte ins Japanische zu übersetzen. Die weite Verbreitung dieser Methode lässt sich dadurch erklären, dass in den frühen Phasen des Englischunterrichts in Japan häufig nur einige Sachbücher oder Romane auf Englisch vorlagen. Anderes Material zur Gestaltung des Unterrichts waren schlicht nicht verfügbar. Durch Übersetzen ins Japanische wird sicherlich das Verständnis der Sprache verbessert. Der japanische Schüler muss aber selten selbst Texte auf English verfassen oder gesprochene Sprache verstehen. Die Eintrittsexamen an den Universitäten fordern ebenfalls größtenteils nur Kenntnisse der Vokabeln und der Grammatik. Somit hat ein japanischer Schüler auch keinen eigenen Antrieb über das im Unterricht gelernte hinauszugehen.古典的な授業: 歴史的に見て、日本では外国語の授業に於いて文法訳読法が用いられます[Stewart & Miyahara 2011]。 日本人はこの方法で英語の文法を学び、それを用いて、英語文を日本語に訳します。こうした教授法の普及により、日本の初歩の英語の授業の教材に、英語の解説書や小説のみが使われることがほとんどであることの説明がつきます。授業の構成上、他の教材を使うことは門外不出です。日本語に翻訳することで、間違いなく言語への理解は高まるでしょう。しかし日本の学生達が、自分の言葉として英語文を書いたり日常会話を聞いて理解することは、ごく稀で難しいと思います。大学入試で求められるのも、多くは語彙や文法の知識です。それゆえ日本の学生は、授業で習ったことを実際に使いたいという動機に繋がらないのでしょう。
  2. Das Inselphänomen: Bereits geographisch weist der Archipel Japan eine gewisse Distanz zu den Nachbarstaaten auf. Besonders politisch hat sich Japan aber lange komplett dem Ausland verschlossen. Bis zur Meiji-Restauration herrschte eine komplette Isolation des Landes. Auch heute noch sind 98% der Einwohner Japans ethnische Japaner. Dadurch kommen Japaner im Alltag sehr wenig in Kontakt mit Menschen, die dem Japanischen nicht mächtig sind. In Japan werden auch fast ausschließlich japanische Medien konsumiert. Zudem gibt es hier eine weitgehend vom Westen unabhängigen Popkultur. Japaner haben nur sehr wenige gesetzlich vorgeschriebene Urlaubstage. Die vielen gesetzlichen Feiertage sind gut über das Jahr verteilt und eignen sich daher nicht für weite Reisen. Somit machen viele Japaner im Inland Urlaub. All das führt dazu, dass man in Japan nur selten mit der englischen Sprache in Kontakt kommt.島国として: 地理的にみても、島国日本は隣国との距離があることは明らかです。特に政治的も、諸外国に対し完全に閉ざされていた時間も長いです。明治維新までは全くの孤島として政権が統べられていました。今日でも人口の98%を日本人が占めています。それ故、日本人が日常的に日本語を話せない人に出会う機会は、とても少ないです。また日本のメディアも日本独自のものがほとんどです。それに、西洋とは全く異とする自国固有のポップカルチャーも充実しています。また日本人は、法律的に定められている休暇がとても少ないです。多くの祝日が年間にわたって分配されており、遠くへ旅行するためのまとまった休暇が取りにくいのです。そのため、休暇中も自国で過ごす人が多いです。それらのこと全てが、日本で英語を使う機会が非常に低いことに繋がっています。
  3. Angst vor Veränderung: Häufig sprechen Japaner dem Englischen den Nutzen ab [Kubota, 2015], obwohl dieser durchaus belegt ist [Morita, 2017]. Es gibt jedoch auch einige, die schlicht aus Überzeugung nicht English lernen wollen. Es gibt die Angst, dass mit einer Verbesserung der Englischkenntnisse die Japanischkenntnisse der Bevölkerung und die Bedeutung der Sprache leiden. Als Beispiel wird hier oft Singapur angeführt, wo Englisch als Amtssprache eingeführt wurde und in der Folge Chinesisch stark zurückgedrängt wurde. Deutlich drastischer formuliert es [Tsuda, 2000]. Er schreibt, dass die Englische Sprache untrennbar mit einem Kulturimperialismus verbunden ist. Wenn also eine bessere Bildung in der englischen Sprache eintritt, leide nicht nur die Japanische Sprache darunter, sonder auch die Kultur und das Wertekodex der Japaner. Die Vertreter dieser These mögen zwar in der Minderheit sein, sie findet erstaunlich weitreichende Akzeptanz.変化への怖れ: ついて否定します。[Kubota, 2015]十分に必要なことだと証明されているのにも関わらず、日本人はよく英語の利益について否定します[Morita, 2017]。 中には、断固として英語を学びたくないという人もいます。日本人なのにもし日本語よりも英語の方が上手くなってしまうと、言語という意味合いそのものが分からなくなり苦しむ、ということに対しての恐怖もあるのだと思います。例としてよく挙がるのが、英語を公用語としたことで、結果的に中国語がかなり制限されることになってしまったシンガポールです。そのことを、露骨なまでにはっきりと文章にされている事例もあります[Tsuda, 2000]。ここで著書の津田さんは、英語という言語を帝国主義の日本文化と結びつけるのは不可能だと言っています。英会話教育の向上を目指すとなると、日本語に関して留まらず、文化や日本人の価値観までもが揺るがされるであろうとしています。こうした主張を擁護する人は少数派だと思いますが、驚くほどに広範な受容力があるとも思います。

Bereits vor meiner Ankunft in Japan wurde ich häufig von der hohen Sprachbarriere gewarnt, wollte dem aber nicht so richtig glauben schenken. Nach einiger Zeit in diesem Land muss ich aber eingestehen, dass diese Barriere sehr wohl existiert und zudem enorm hoch ist. Besonders im Hinblick auf die Olympischen Spiele 2020 in Tokyo sehe ich diesen Zustand sehr kritisch. Ich hoffe, dass Japan sich dieses Problem eingesteht und aktiv Maßnahmen ergreift. So gibt es mit dem MEXT zwar ein Program mit dem Ziel Muttersprachler mehr in den Englischunterricht an Japanischen Schulen zu integriert. Jedoch sind dies meist nur Lehrassistenten und haben in der Praxis wenig Einfluss auf die Gestaltung des Unterrichts. Hier sehe ich noch großes Potential, da ich davon ausgehe, dass Japan als Gesamtpaket reizvoll genug ist, um die entsprechenden Fachkräfte ins Land zu locken. Zudem wünsche ich mir einen Kulturwandel bezüglich der Stellung der englischen Sprache. Ohne einen eigenen Antrieb der Schüler und Studenten, die Sprache zu erlernen, ist eine Verbesserung der Situation meines Erachtens nicht in Sicht. Die Komplexität und geringe Verbreitung der japanischen Sprache führen dazu, dass nur wenige Menschen weltweit diese Sprache lernen. Nun habe ich das Glück im Umfeld der Grünwald Stiftung viele Japaner kennengelernt zu haben, die über ausgezeichnete Deutschkenntnisse verfügen. Darüber hinaus hat sich ein tiefergehender und bereichernder Austausch bisher als schwierig erwiesen.

日本に来る前から、私は言葉の壁を怖れていましたが、そんなに心配するほどのものでなかったなと思います。しかしながら、この国で時間を過ごしていく中で確実に言えることは、この国の言語の壁は確かに存在し、そしてそれは非常に高いものであるということです。特に2020年の東京オリンピックに関して、この状況を鑑みるに私はとても批判的です。日本が、こうした問題を理解して積極的に措置を講じることを切に願っています。日本にはメクストというプログラムがあり、これは日本の学校教育に於ける英語の授業に、英語を母国語とする人たちを増やそうということを目的としたものです。けれども、ほとんどの場合がアシスタントでしかなく、授業形態はまだ実際に影響されていないのが現状です。日本は全体的に専門性にも優れた魅力に溢れた国だと思いますので、大きな可能性を秘めていると私は思います。それに加え、英語に関連した文化変遷があると良いのではないかと考えます。学生自身が言語を習得したいという動機を得られなければ、私の思うところの状況改善は望めないからです。日本語のその複雑さと日本語があまり広がらないのは、世界的に見てこの言語を学んでいる人が少ないからです。私はグリーンワルト財団での環境があるので、ドイツ語がよくできる日本人との出会いに恵まれた事は幸運だなと思います。だからこそ、深いところまで交流することが難しいことについて明らかになったのです。

Morita, L. (2017). Why Japan needs English. Cogent Social Sciences, 3(1), 1399783. https://doi.org/10.1080/23311886.2017.1399783

Kubota, R. (2015). Paradoxes of learning English in multilingual Japan: Envisioning education for border-crossing communication. In I. Nakane, E. Otsuji, & W. S. Armour (Eds.), Languages and identities in a transitional Japan: From internationalization to globalization (pp. 59–77). New York, NY: Routledge.

Stewart, A., & Miyahara, M. (2011). Parallel universes: Globalization and identity in English language teaching at a Japanese university. In P. Seargeant (Ed.), English in Japan in the era of Globalization (pp. 60–79). Basingstoke: Palgrave Macmillan. https://doi.org/10.1057/9780230306196

Tsuda, Y. (2000). Eigo Beta no Susume [Encouragement of Bad English]. Tokyo: Wani no NEW Shinsho.

☆☆☆ グリーンワルト財団・第18期奨学生・レオン・リッチウス君の2回目レポートです ☆☆☆

Wie bereits im letzten Bericht erwähnt, lud uns der Bürgermeister von Suita in das Rathaus ein. Suita ist übrigens die Stadt im Norden Osakas, in denen auch Grünwald liegt. Bei dem herzlichen Empfang, zu dem wie üblich in Japan Tee serviert wurde, erkundigte sich Bürgermeister Gotō Keiji über meine bisherige Erfahrung in Japan und was ich mir von den kommenden Wochen erwarte. Zudem lernte ich von ihm einige wichtige Sprichwörter des Kansai-Dialekts, was sich in der kurzen Zeit seit dem Treffen bereits gelohnt hat.

前回のレポートでも触れた通り、吹田市長にお招き頂き、吹田市庁舎を表敬訪問致しました。吹田市というのは大阪北部に位置している都市で、ここにグリーンワルトもあります。日本らしい心のこもった日本茶でのおもてなしを受けた後、まずは私のこれまでの日本での経験やこれからの日本滞在の展望について、後藤圭二市長にお話ししました。それから、出会ってすぐに仲良くなるための関西弁での言い回しについて、教えて頂きました。20190930_023023708_iOS

Kurz darauf empfing uns auch Generalkonsul Dr. Werner Köhler im deutschen Generalkonsulat Osaka-Kobe. Das Konsulat ist im 35. Stockwerk des Umeda Sky Buildings gelegen und bietet einen atemberaubenden Blick über die Stadt. In einem kurzen aber äußerst interessanten Gespräch erzählte und Herr Dr. Köhler von seinen Erfahrungen in Japan und speziell der Kansai-Region. Zudem wurde ich zur Feier der deutschen Einheit einige Tage darauf eingeladen, wofür ich mich an dieser Stelle nochmals herzlich bedanken möchte.

その後、大阪・神戸ドイツ連邦共和国総領事のヴェルナー・ケーラーさんを表敬訪問致しました。ドイツ総領事館は梅田スカイビルの35階にあり、市内の素晴らしい眺めが広がっています。短い時間ではありましたが、ケーラーさんの日本とりわけ関西地方での経験について、とても興味深いお話しを聞かせて頂きました。その上、数日後に行われたドイツ統一記念日の祝賀会にもお招きに預かりました。この場をお借りしまして、心より御礼申し上げます。

20190930_055517722_iOS

Mittlerweile habe ich mich gut in Osaka eingefunden und es pendelt sich langsam der Alltag ein. Am japanischen Alltag schätze ich bisher zwei Sachen besonders.

だんだんと大阪の生活にも慣れてきて、日常を感じられるようになってきました。これまでのところ、日本での日常に於いて、特に2つの点で素晴らしいと感じています。

20190930_140528781_iOS

Zum einen bin ich ein großer Befürworter von öffentlichem Nah- und Fernverkehr. Beides ist in Japan enorm gut ausgebaut. Vor allem in Ballungsräumen wie der Kansai-Region kommt man immer zügig, preiswert und umweltfreundlich ans Ziel. So ist beispielweise Kyoto oder Kobe in circa 40 Minuten von Osaka aus erreichbar. Wenn man den Shinkansen (das japanische Äquivalent zum ICE) nimmt geht es sogar noch deutlich schneller.

まずつ目は、公共交通機関についてです。近距離・長距離どちらもの日本の電車等のシステムは驚くほどに良く整備されています。特に関西地方の大都市圏では、いつも遅延せずに・安価に・環境にも優しく目的地へと到着できます。例えば、大阪から京都や神戸へは、約40分で着きます。(ドイツでいうところのICEに相当する)新幹線であれば、更にかなり速くなります。

20191027_051312000_iOS

Zum anderen bin ich begeistert von japanischem Essen. Meine hohen Erwartungen im Vorfeld wurden nochmals übertroffen. Auch wenn sich in der Kansai-Region Gerichte wie Okonomiyaki und Yakisoba großer Beliebtheit erfreuen, ist mein bisheriger Favorit eindeutig Ramen. Diese Nudelsuppe chinesischen Ursprungs wurde über die letzten Jahrzehnte beständig variiert und verfeinert. In Japan gibt es mittlerweile 10.000 Restaurants, die sich auf dieses Gericht spezialisiert haben. An der daraus resultierenden Qualität und Vielfalt erfreue ich mich immer wieder aufs Neue.

それからもう点についてですが、日本の食文化にとても感動しています。元々かなりの期待値でしたが、それを更に上回る美味しさです。関西地方ではお好み焼きや焼きそば等が人気ですが、これまでのところの私の一番のお気に入りはなんといってもラーメンです。中国に起源するこの麺料理は、ここ数十年の間に常々変化し研究されてきました。日本では現在、ラーメンを専門としたお店が、1万店舗もあるということです。その結果として生じる質の高さや多様性によって、私は新たなラーメンと出会う度にその喜びを享受しています。

20191011_112244004_iOS

Neben der Suche nach dem besten Ramen-Laden der Kansai-Region habe ich meine Freizeit genutzt, um die Hafenstadt Kobe zu besuchen. Das Stadtgebiet ist auf der einen Seite vom Meer und auf der anderen Seite von Bergen eingefasst. An vielen Stellen beträgt deren Entfernung unter 2km. So deutlich wie hier habe ich selten gesehen, wie die beiden charakteristischen Landschaftsmerkmale Japans zu einer kreativen und effizienten Raumnutzung führen. Neben buchstäblich gestapelten Autobahn- und Zugbrücken kann man hier auch einige künstliche Inseln sehen.

関西地方でのラーメン屋巡りの他、私は自由時間に港町神戸を訪れました。この街は、山と海に囲まれています。そしてその双方の距離は2km弱となっています。こうした特徴的な、創造的且つ山と海が共存しているという都市空間を上手く活用した日本の景観に出会うことはなかなかありません。ここでは、造形美とも言える、文字通り”立体交差した”高速道路や吊り上げ橋、そしていくつかの人口島といった街並みを楽しむことができます。

IMG_1111

☆☆☆ グリーンワルト財団・第18期奨学生・レオン・リッチウス君の1回目レポートです ☆☆☆

Als 18. Stipendiat der Grünwald Stiftung wird mir die Möglichkeit geboten, einen tiefen Einblick in die japanische Gesellschaft und Kultur zu bekommen. Im Voraus hatte ich bereits angefangen die Landessprache zu lernen. Nun hoffe ich durch den japanischen Alltag meine Sprachkenntnisse nochmal deutlich verbessern zu können.

私はグリーンワルト財団の第18期奨学生として、この度日本社会と日本文化を深く理解させて頂ける機会を頂戴しました。私はこの国の言語を、来日以前より学んでおります。日本での日々の生活を通して、自分自身の語学力を飛躍的に向上出来る様に努めていきたいと思っております。20190922_052659030_iOS[1]

Die ersten beiden Wochen vergingen wie im Flug, da Herr Okamoto bereits viele Events für mich geplant hatte. Unter anderem durfte ich mich unter (in noch ausbaufähigem Japanisch) beim Rotary Club Suita vorstellen, wir besuchte ein Benefizkonzert der Yamaoka Stiftung und empfingen zusammen mit der Japanisch-Deutschen Gesellschaft Osaka eine Reisegruppe der juristischen Fakultät der Universität Augsburg.

先ず最初の2週間は、岡本理事長がたくさんの催しを私のために予定して下さっていたので、飛ぶように時間が速く過ぎていきました。吹田ロータリークラブにて、(私のまだまだ向上余地のある日本語で)自己紹介をさせて頂き、山岡財団のチャリティーコンサートを聴きに行ったり、大阪日独協会と共にアウグスブルク大学の法学部の学生グループの歓迎会が行われました。

IMG_0801[1]

Besonders hervorheben möchte ich zum einen das von der Grünwald Stiftung organisierte Welcome-Dinner in einem Kaiseiki Restaurant. Kaiseiki gilt als eine der feinsten Formen der japanischen Küche. Saisonale und regionale Produkte stehen hierbei im Mittelpunkt. Aufgrund der hohen Qualität der Zutaten wird versucht, diese nur minimal weiterzuverarbeiten, um den natürlichen Geschmack nicht zu verlieren. Ich würde mich freuen, diesem Prinzip auch in Deutschland häufiger begegnen zu können. In unserem Fall war das Festmahl in elf Gänge aufgeteilt. Jeder einzelne davon wussten zu überraschen und zu begeistern. Neben gutem Essen war aber auch gute Gesellschaft geboten. So wohnte dem Abend neben Mitglieder der Stiftung mit Herr Takahiro Shinyo auch der ehemalige japanische Botschafters Berlin bei.

グリーンワルト財団によって開催された懐石料理店でのウェルカムパーティーについて、皆様に是非お伝えしたいと思います。懐石というのは、日本料理の中で最も豪華なお料理形式の1つです。季節感のある旬の食材、そして地域毎の特産品を使う事が主軸となっています。また、拘って選りすぐられた素材の上質さ故に、食材のもつ味わいを損なわない様、できる限り余計な手を加えない手法が採られています。ドイツにもこうした基本方針のレストランがあると良いのに・・!と思います。今回私たちは、11品からなるコースを頂戴しました。1つ1つが驚かずにはいられないほどの感動的なお味でした。素晴らしいお料理と共にこのパーティーが催されました。グリーンワルト財団の皆様と、元駐ドイツ日本国大使の神余隆博先生とこのパーティーでのひと時を、ご一緒させて頂きました。

20190922_052635085_iOS[1] 20190921_102207456_iOS[2]

Zum anderen hatte ich viel Freude an der Mary Ainsworth Ukiyo-e Colletion, die zu der Zeit im Osaka City Museum of Fine Arts ausgestellt wurde. Bei Ukiyo-e handelt es sich um Holzdrücke, die ab dem 17. Jahrhundert vielen Japanern einen Zugang zur Kunst ermöglichten. Zu Beginn dienten mehrheitlich Damen und Kabuki-Schauspieler als Motiv. Allmählich rückten aber Landschaftsbilder in den Fokus von Kunstlern wie Katsushika Hokusai und Utagawa Hiroshige. Aus dieser Zeit stammen einiger der bekanntesten japanischen Kunstwerke, wie z.B. der „rote Fuji“ und waren ebenfalls Teil dieser Ausstellung.

大阪市立美術館で開催されていた”メアリー・エインズワース浮世絵展”にも、足を運ぶことができたのも嬉しかったです。浮世絵は木版に彫って擦られる工程でもって制作され、17世紀以降多くの日本人が芸術の世界へと惹き込まれました。展覧会の始めのうちは、女性や歌舞伎役者が題材として使われた作品が多く見られました。その後次第に風景画が増えていき、葛飾北斎や歌川広重といった画家にも焦点が当てられていました。最も有名な日本の芸術作品とも称される、”赤富士”に代表されるいくつかの浮世絵も、この展覧会で拝見することができました。

20190925

Ich freue mich sehr auf die baldigen Treffen mit dem deutschen Generalkonsul und dem Bürgermeister von Suita. Zudem werde ich an Stammtischen zum kulturellen und sprachlichen Austausch in Osaka und Kyoto teilnehmen. Ich bedanke mich vielmals bei Herrn Okamoto und der Grünwald Stiftung für die Zeit und Mühen, die investiert wurden, um mir solche Events und Möglichkeiten bieten zu können.

ドイツ総領事、並びに吹田市長に近くお会い出来る機会を、とても楽しみにしています。そして、大阪や京都で開催される、文化や言語交流を目的とした会合にも足を運ぶ予定です。この場をお借りしまして、岡本理事長、並びにグリーンワルト財団の皆様に、こうしたたくさんの機会を与えて下さりご尽力頂いておりますことに、心より感謝申し上げます。

☆☆☆グリーンワルト財団・第17期奨学生・モナ・マイラーさんの第 6 回レポートです☆☆☆

Wehmütig schreibe ich nun meinen sechsten und letzten Bericht. Ich kann es gar nicht glauben, dass diese drei Monate so schnell vergangen sind. Vor meiner Reise nach Japan habe ich oft überlegt, was mich wohl erwartet, ob ich Heimweh haben würde und vor allem wie es sein könnte, wenn ich wieder zurück in Deutschland bin.
日本での思い出を懐かしみながら、第6回の最終レポートを書きたいと思います。この3ヶ月がこんなにもあっという間に過ぎていった事は、本当に信じられないほどです。日本に来る前は、ホームシックになるだろうかとか、ドイツに戻ってくる頃にはどうなっているのだろうか、とよく心配していたのですが。

Meine Japanreise hat meinen Blickwinkel auf sämtliche Dinge extrem positiv verändert. Ich bin offener, lustiger, neugieriger aber auch kritischer geworden. Die Zeit in Japan hat mir außerdem ein Gefühl der Sicherheit gegeben, dass ich überall auf der Welt irgendwie klar kommen werde.
この日本滞在を通して、私の持つ視点はあらゆる面で驚くほどに良い方向へと変化しました。私は元からオープンで愉快で好奇心旺盛なタイプですが、物事を批判的に見る視点を持つようになったと感じます。日本での時間は特に安心感を与えてくれ、(ドイツからみてこんなにも遠い日本で馴染めたことから)今後世界中のどこにいってもなんとかやっていけるのではないかという自信につながりました。

Durch das „auf sich selbst gestellt sein“ und die ein oder anderen Ausflüge allein in Japan, lernte ich mich selbst jeden Tag ein bisschen besser kennen. Ich merkte auch, dass man eigentlich niemand anderen als sich selbst braucht, um zufrieden zu sein. Als ich in Japan landete, machte es in mir erstmals einen großen Knall, sofort raus aus meiner wohligen Komfortzone, alles ist neu und unbekannt und das alleine am anderen Ende der Welt! Das stellte sich aber relativ schnell als das Wichtigste heraus und brachte mich Tag für Tag weiter in meiner eigenen, persönlichen Entwicklung.
親元を離れ自立することで、そして日本を一人で旅することで、自分のことが日に日に少しずつよく分かってきました。また満足できるかどうかは、結局のところは他の誰でもなく自分自身の問題なのだということに気づきました。日本に到着すると、自分の中で遂に異国にやってきたのだという緊張感が走り、全てが新鮮且つ知らない事ばかりでした。一人で世界の反対側にいるのだ!とドキドキした気持ちを感じずにはいられませんでした。しかし比較的早く快適に過ごすには何が大切なのかという術も分かってきて、1日1日毎に自分自身の成長が必要とされました。

Natürlich ist es schön in Gesellschaft mit lieben und vor allem interessanten Menschen den Tag zu erleben, dennoch, den größten Teil seines Lebens verbringt man mit sich allein, also warum sich nicht einfach mal selbst gut finden. Meiner in Japan gesammelten Erfahrungen nach kann das so Einiges erleichtern.
もちろん、社会の中で素敵な人々と一緒に毎日を過ごすのも素晴らしい事です。けれども人は、人生の多くの時間を一人で過ごす訳ですので、自分自身をよく理解する事は難しくはないはずではないでしょうか。日本滞在を通して私自身、様々な点で得られたものは大きかったと思います。

In unserer heutigen Gesellschaft scheint es leider oft so, als sei das Streben nach dieser unerreichbaren Perfektion das Ziel. Das Land Japan hat mir durch seine unendliche Diversität und die Unterschiede zu Deutschland gezeigt, dass es schön und vor allem wichtig ist, dass wir Menschen alle verschieden aussehen, denken und leben.
現代社会では残念ながら、目的に対してどこか永遠に届かないまでもの完璧さを追求している様な気がします。日本という国には終わりがないほどの多様性があり、ドイツとの違いを私に示してくれ、私達人間の一人一人が、異なった外見であったり考え方や生き方をしているという事が、美しくまた最も大切な事なのだということを気付かせてくれました。

Nochmals möchte Ich mich aus tiefstem Herzen bei Herrn und Frau Okamoto, Christine Waldhauser-Kuenlen und Herrn Matthias Weber und Frau Menacher bedanken. Durch ihr Arrangement ermöglichen Sie Jugendlichen etwas so einzigartig wundervolles,- darauf müssten Sie wohl mit mehr Sake als in Japan vorhanden ist, anstoßen!
ここに改めまして、グリーンワルト財団の岡本理事長ご夫妻、クリスティーネ・ワルトハウザー・キュンレン様、マティアス・ウェーバー様、ガブリエレ・メーナッハ様に、心からの御礼を申し上げます。皆様の御尽力があってこそ、私たちの様な若い世代がこうした唯一無二の素晴らしい経験をさせて頂ける事を可能にしている事と存じます。たくさんの日本酒で乾杯して頂きたく思います。

Mein besonderer Dank gilt meinem lieben Onkel Prof. Dr. Dr. Andreas Riederer, ohne welchen ich nie auf die Grünwaldstiftung gestoßen wäre. Ohne seine Unterstützung und seine motivierenden Worte hätte ich mich wohl nicht einmal getraut, mich bei der Grünwaldtstiftung zu bewerben. Nun, da Ich zurück in Deutschland bin, denke Ich oft zurück an die lieben Menschen die mir alle damals begegnet sind, und mir bei der dann doch teilweise etwas schwierigen Umstellung geholfen haben. Auch diesen möchte Ich meinen Dank aussprechen.
そして、私をグリーンワルト財団に推薦して下さった私の叔父であるアンドレアス・リードラー氏にも、特別な感謝の念を感じております。彼の援助、そして意欲を掻き立ててくれた彼の言葉を無くしては、グリーンワルト財団の奨学生に申し込む事すら出来なかったと思います。今ドイツに帰ってきて、日本で出逢い、様々な形で私が日本での生活に順応するに当たり支えて下さった皆様に、よく思いを馳せております。お世話になりました全ての方に、この場をお借りしまして、感謝申し上げます。

Japan hat meinen Blickwinkel erweitert, mich ein großes Stück selbstbestimmter gemacht und mich vor allem neugieriger auf unsere wundersame Welt blicken lassen. Ich bin Ihnen auf ewig dankbar und werde diese strahlende Insel immer im Herzen tragen.
日本は私の視点を広げ、大きく自立する一歩を手助けしてくれ、私たちのこの素晴らしき世界に好奇心と共に目を向けさせてくれました。この素晴らしい出会いに心からの感謝をし、いつもこの輝かしい日本という国を胸に、これからも歩いていきたいと思います。

☆☆☆グリーンワルト財団・第17期奨学生・モナ・マイラーさんの第 5 回レポートです☆☆☆

グリーンワルト財団の奨学生としての最初の1ヶ月は、日本での生活に慣れ、滞在先のこの地域を知り日本文化にゆっくりと馴染んでいくためにあります。また2ヶ月目は、言語習得に重きが置かれるようになり、そして3ヶ月目の最後には日本中への旅が始まります。最高時速320kmを誇る新幹線のおかげで、大阪→東京間はわずか2時間半での移動が可能です。

東京に到着して始めのうちは、想像していたほどにはそう緊張もしませんでしたが、それは私がそれまでの3ヶ月間大阪にいて日本の滞在に既に慣れていたことも関係している様に思いました。しかし東京滞在1日目を終えると、非常に大きなこの都市故に、その全貌が掴めないと感じ始めました。至るところに超高層ビルが立ち並んでおり、自分自身がどれだけ小さな存在であるかを感じさせます。東京は実際に自分がその地に赴き、どう感じるかを体験するに尽きる場所ではないかと思います。というのも、私の感想を長々と書いたところで、その印象を確実にお伝えすることはとても難しくするばかりだと思うからです。

私が幼少期から魅了されてきたことの一つに、相撲の世界があります。実は次の相撲シーズンは私がドイツに帰った以降にしかスタートしないという事実を知って、とてもショックを受けていました。けれども幸運にも、インターネット上でとある東京の相撲部屋で個人的に稽古を見せてもらえるチケットを見つけたのです。相撲のルールというのは、至って簡単です。戦う2人のうちの片方が、直径約5メートルの土俵 の枠外の床についてしまったら、もしくは足以外の身体のどこかが床に触れてしまった時点で、試合はすぐに終了となります。相撲の試合というのは、時に一瞬の攻撃によってとても酷く嫌なものになることもあります。よくあることの様でしたけれども、突然に顔から流血してしまった相撲取りの方もおられました。およそ40人もの私たち見学者の誰もが、驚かずにはおれないといった表情をしていました。

2時間の相撲の稽古見学が終わると、150kgを超える相撲取りの方が突如私に話しかけるために隣に立っていたので、とても驚きました。東京の超高層ビルの中に立っていた小さな自分の様にも感じました。皆様にも是非一度、こうした伝統的な日本の武道を見に足を運ばれて、それぞれに印象をお持ちになる機会を得られることをお勧めしたいと思います。(そういえば、まれにですが女性の相撲取りの方もいらっしゃる様です!)

次の目的地は、楽しみという観点では少なくなりますが、でも私は日本に来たからには一度は訪れなくてはならない場所だと思っています。

”リトルボーイ”と名付けられた原子爆弾は、1945年広島に、それからそのすぐ後には長崎に投下されました。10万人もの人々がそれによって即座に命を奪われました。命を落としたそのほとんどが、軍人ではなく一般の市民でした。1945年の終わりには、13万人にまでその被害が広がりました。完全に新しく復興された広島という街に到着した中で、原爆記念碑と広島平和記念資料館だけが、1945年の原爆投下を思い起こさせます。

広島平和記念資料館では、怒ることや良識について疑念を抱くことすら分からなくなるほどですが、同時に自身の健康と安全性に感謝の意を感じずにはいられなくもなります。そのすぐ近くに位置する宮島に着いて始めて私は、戦争のむごい狂気に触れたことで取り乱した心を、少しばかり鎮めることが出来ました。

今日なお原子爆弾が存在することは、我々人類は全く何も学んでいないのではないかと思えてしまいます、広島の平和祈念資料館を訪れた後で、どうしていいのか分からず恥じ入る気持ちに苛まれ、そしてただただ”悲しい”の一言に尽きます。

☆☆☆グリーンワルト財団・第17期奨学生・モナ・マイラーさんの第 4 回レポートです☆☆☆

葵祭は、京都三大祭りの一つに数えられます。毎年5月15日に、日本のかつての首都であった京都で執り行なわれます。京都府立大学のドイツ語専攻の学生さん達、そして青地教授と共に、優雅でとても長い行列を見に行きました。祭りのメインの一つとして、牛車に引かれた王朝行列があります。平安時代の伝統的な衣装をまとった総勢500人もの人々が、牛車や馬と共に練り歩きます。そしてまた、”斎王代”という祭りのヒロインの一行も見所となります。彼女の役目は神社の神々を拝むことで、その衣装は非常なる価値を持つ絹製の十二単です。

62026672_402599410584307_6656896693994258432_n

こうした行列は、ドイツであれば常に大音量での楽隊とドラム等を思い浮かべると思い浮かべます。ところがとても驚いたことに、この葵祭の行列は全くの無音で行われていたことです。音一つないのです、正直なところ私はお祭り騒ぎの様なものを期待していたのですが。恐らくこうした音楽無しのお祭りである理由は、京都の神聖な三大祭りの一つに数えられているからこそかもしれません。

61927334_1238892412948738_2086592981816573952_n 61934697_851087065266928_3070969477123276800_n

日本滞在によって、人は繊細さや思慮深さ、そして自主性が育まれるのではないかと、私は感じています。人々は快適さを与えることを常としています。こうした過程を経ることで、特に自己に対する意識がより向けられる様になります。そこで私は、高野山へと足を運んでみることにしました。高野山は、”僧侶達の神秘的な村”だと言われます。高野山の中腹までは、ロープウェイに乗って登ることが出来ます。こうした巨大な山の真ん中にこうしたものがあることは、どこかアトラクションの様な感覚になります。時間もかかりますし行程も複雑であることから、長い間ここは観光客にとって足を運びにくい場所でした。私も2度ほど道を間違えましたし、やはり僧侶の村というだけあって、例えば奈良の様に、観光的に分かりやすい場所という訳にはいきません。

62261029_2416175158615482_2864253710484111360_n

高野山には、20万基以上もの墓石が並ぶ森である奥の院があり、ここは日本の最も神聖で有名な場所の一つに数えられます。私は偶然にもここを夜に訪れたのですが、通りには無数の提灯が灯され、神秘的な光に導かれる様でした。

61894637_2366352106721328_3084954612193558528_n

62230529_742920739443679_2490352592341696512_n

私は幸運にも、ツアーグループ1つさえいない完全に一人の状態で、この墓石に沿った道々を歩き、この場所を一人で堪能することが出来ました。この地域については、限りなく多くの伝説が繰り広げられています。僧侶の長であり密教仏教の代表者が、弘法大師だと言われています。彼がこの高野山を開山したとされています。伝説によると、彼の魂は森の中の墓石や記念碑の間で生き続けており、いつまでも仲裁をしているとのことです。このことは、私の夜の巡行を更にワクワクとさせてくれました。

この神秘的なオーラに包まれた高野山は全てに於いて好感をもてましたし、とにかく静寂に包まれていました。一度私は道で高野山の方に質問したのですが、その時私は無意識のうちに囁き声になっている事に自分で気づいたほどです。

僧侶の村である高野山を訪れる方には、一人でこの付近の寺院で寝泊まりし、朝早くに起きて朝のお勤め体験をされることをお勧めします。これは素晴らしい経験となります。

62204336_722658371487458_6233518347170873344_n

☆☆☆グリーンワルト財団・第17期奨学生・モナ・マイラーさんの第 3 回レポートです☆☆☆

  Bevor ich nach Japan kam, sagten mir viele Leute, dass die Zeit wie im Flug vergehen würde. Jetzt merke ich das mehr denn je. Nach zwei Monaten hat sich mein Bild über Japan extrem gewandelt. Nie hätte ich gedacht, dass ich so viele verschiedene, tolle Leute kennenlernen würde.

日本に来る前、多くの人から、日本での時間はあっという間に時間が過ぎ去るよと言われていましたが、今それをひしひしと実感している所です。日本滞在も2ヶ月が過ぎ、私の日本に対するイメージは大きく変化しました。私は、こんなにも多種多様な素晴らしい方々とお会い出来るとは想像もしていませんでした。

61581503_2319041231687256_1048423107754196992_n

Herr Okamoto hatte mich während der „Golden Week“ in ein RYLA Seminar, außerhalb Osakas eingeschrieben. RYLA steht für „Rotary Youth Leadership Awards“. Das sind meistens Veranstaltungen, Tagesseminare oder Wochenendtagungen bei denen eine Vielzahl von Ausflügen, Gruppenarbeiten, Wanderungen etc. unternommen werden. Fokussieren soll man sich hierbei auf Teamarbeit und insbesondere die eigene, persönliche Weiterentwicklung.Als erste Stipendiatin die im Zuge der Grünwaldstiftung an einem solchen Seminar teilnehmen sollte war ich quasi das „Versuchskaninchen“. :)

岡本理事長は、ゴールデンウィーク期間、私のために大阪郊外で行われたRYLAセミナーに申し込みして下さいました。RYLAというのは、ロータリー青少年指導者養成プログラムで、たくさんの日帰り旅行、グループ活動や山登り等が企画され、様々な行事や講義、週末会議が行われます。ここではチームワーク、そして同時に個々の成長が求められます。

61355805_2234333753321080_6207324449734131712_n

61881604_2308741626062210_4947735662804598784_n

Bei der Ankunft wurden alle Teilnehmerinnen und Teilnehmer in traditionelle, mit Tatami-Matten ausgestattete Zimmer eingeteilt. Ich war mit einer Gruppe junger Frauen im Zimmer und obwohl die meisten kein Englisch sprachen, verstanden wir uns auf Anhieb recht gut.

グリーンワルト財団の奨学生として、試験的に初めて私はこうしたセミナーに参加しました。現地に到着すると、伝統的な行事らしく参加者全員が和室へと割り振られました。私は若い女性のグループの一員となり、ほとんどのメンバーが英語を話せなかったのですが、すぐに打ち解けることが出来ました。

61584259_669967263468274_2030819541533065216_n

Das Hotel in dem wir rund 200 TeilnehmerInnen zwischen 16-30 Jahren untergebracht waren, bot neben sehr gutem Essen auch eine hauseigene „heiße Quelle“ an. Am Abend sagten mir meine Zimmerkolleginnen, dass sie nun den Onsen besuchen würden und ob ich denn Lust hätte, mitzukommen. Natürlich willigte ich sofort ein, – so eine Gelegenheit gibt es schließlich nicht oft.

16〜30歳の総勢約200人の参加者が滞在したホテルでは、美味しいお料理に加え、このホテルの温泉が提供されました。夜には同部屋の女の子達に、今から温泉に行くけど、もし良かったら一緒に行く?と聞かれて、私はもちろん二つ返事で同意しました。こんな機会は、よく考えてみたらなかなかないのではないかと思いました。
Meine tollpatschigen und eher hilflos wirkenden Versuche, mich so wenig laienhaft wie möglich in dem mir komplett fremden Onsen zu verhalten, amüsierte meine Kolleginnen sehr und mir blieb schlussendlich auch nichts anderes übrig, als das Ganze einfach mit Humor zu nehmen. Geduldig und mit viel Fürsorge erklärten mir die Mädchen sämtliche Abläufe. Es gab nämlich dann doch recht viel zu beachten, z.B. gibt es eine bestimmte Technik sich den Turban zu binden.

61374866_341307383199851_344395122315624448_n

私にとって温泉は、本当に全く馴染みのないものですから、初めのうちは何をどう振舞えば良いのか分からず手探り状態でしたが、そんな私の様子を同部屋の女の子達はとっても楽しんで、最後には笑わざるを得ませんでした。その後、彼女たちは私に、とても詳しく温泉の入り方等を詳しく説明してくれました。例えばターバンの様に頭にタオルを巻く等、実に多くの注目すべきテクニックがありました。

Das erste Mal mit so vielen, verschiedenen Frauen einen echten Onsen zu besuchen war ein wirklich wundervolles Erlebnis und obwohl wir alle aus verschiedenen Orten der Welt kamen, (Japan,Frankreich,Korea,Malaysia,China, USA etc..) waren wir in diesen Räumlichkeiten dann doch alle einfach irgendwie gleich.
Es erinnerte mich daran, wie wichtig es ist, dass wir Frauen zusammen halten und uns unterstützen. Ganz egal wo auf der Welt.

この初めてたくさんの女の子達との温泉に入ることは、本当に素晴らしい体験でした。日本・フランス・韓国・マレーシア・中国・アメリカ等、私たちは世界各国からやってきたメンバーだった訳ですが、この温泉という空間の中では、どこか同一感を感じられました。世界中のどこであるかということに関係なく、私たち女性が結束し、互いに助け合うことの大切さを感じました。

In der darauffolgenden Woche besuchte ich das erste Mal die Hafenstadt Kobe. Dort traf ich  Nobuko und Naoya Ikawa. Einmal im Monat bereitet das Ehepaar zusammen mit ihrer Kirchengemeinde eine warme Mahlzeit für Bedürftige zu. In diesem Monat durfte ich helfen. Mit acht anderen Freiwilligen bereiteten wir das Chinesische Gericht „Chuka Donburgi“ vor. Insgesamt 120 Leute, inklusive uns selbst, wurden davon satt.

その翌週には、港町である神戸へ初めて訪れました。まずここで、井川信子さんとご主人様にお会いしました。井川ご夫妻は、月に一度所属先の教会で、身寄りのない方々のために料理を作られています。今月は私もお手伝いさせて頂くことが出来ました。その他8人の有志と共に、中国の料理である”中華どんぶり”を用意しました。私たち自身も含め、120人もの人々がお腹いっぱいになりました。

61618176_719011081847885_1831282310217990144_n

61382870_2385029211783830_7957577211161083904_n

Kurz darauf halfen alle zusammen das Geschirr abzutrocknen, zu spülen und zu sortieren. Einzelne der Bedürftigen kamen auf mich zu um sich bei mir fürs Abwaschen zu bedanken, manche halfen selbst beim Putzen oder sammelten benütztes Geschirr ein,- jeder wechselte mal seinen „Arbeitsposten“. Wir halfen alle zusammen, daher war das Ganze dann nach knapp 45 Minuten vorbei. Wenn man sich also nur ein bisschen seiner Zeit nimmt, ist es ganz einfach etwas Gutes zu tun und wenn wir ehrlich sind, hat jeder von uns diese paar Stunden übrig. :)

その後すぐにお皿を洗って、拭いて、直すことを皆で手伝いました。身寄りのない方々が個々に私のところへ来られて、皿洗いについてのお礼を言われたり、掃除や使ったお皿を下げることを手伝ったりと、それぞれが自分の役割を交代しながらうまく回して片付けをしました。それぞれが助け合ったので、全部で45分でしかかかりませんでした。少し自分の時間を提供することで、物事を良く進めることが容易になりますし、こうした数時間って実は誰でも残っていて作ることが出来るのではないかと思いました。

61688514_2407475882832139_2334305645815136256_n

61832708_403033480292233_6845840972589301760_n

61827099_653634075097431_1920017142007201792_n

Am Nachmittag zeigte mir Frau und Herr Ikawa den berühmten „Mount Rokko“ und das dahinter liegende Bergdorf „Arima Onsen“, eines der ältesten Badeorte Japans. Im Gegensatz zu den meisten anderen Orten die ich besuchte, war es hier wenig touristisch. Das gab dem Ausflug eine sehr ruhige und angenehme Stimmung. Diese Atmosphäre war daher etwas ganz neues für mich.Ich bedanke mich nochmals herzlich bei Familie Ikawa für diesen tollen Tag!

この日の午後には井川御夫妻が、有名な六甲山と、その裏側にある日本最古の温泉地の一つである山村地区の有馬温泉を案内して下さいました。私がこれまで訪れてきた観光地とは対照的に、ここにはあまり観光客はいませんでした。とても静かで居心地の良い趣のある場所でした。こうした雰囲気は、むしろ私にとって新鮮でした。井川御夫妻に、この素晴らしい一日を過ごさせて頂けたこと、改めて心より感謝申し上げます。

61598449_301840990700330_7983750235056766976_n

Am selben Abend waren Herr Okamoto, ich und ungefähr 40 weitere Leute zu einem erstklassigen Abendessen mit ausgewählter Weinbegleitung eingeladen. Es war irgendwie komisch. Einige Stunden zuvor stand ich noch in meiner Schürze unter dem Kochzelt und löffelte meinen Reis und nun saß ich vor meinem ausgezeichneten vier Gänge Menü. Ich hatte einen wundervollen und lustigen Abend, dennoch dachte ich ab und zu an das gemeinsame Mittagessen unter dem Zelt zurück,- das war zwar was komplett anderes, aber mindestens genauso schön !

この日の夜には、岡本理事長と共に、約40人の方々とファーストクラスの様なお食事と選び抜かれたワインを楽しむ会にご招待いただきました。どこか不思議な感じがしました。数時間前には、私はエプロンをして料理し、ご飯をスプーンですくって食べていました。そして、このワイン会ではとびきり上等な4つのコース料理を前に座っている自分がいます。この夜は素晴らしく楽しいひと時でした、そして時折お昼ご飯の時間にも思いを馳せていました、確かに全く違うものではありましたが、どちらも素晴らしいひと時でした。

61203324_2325424257521125_6156273227208327168_n

61278804_408584579754525_3593610664255422464_n

61642871_302227937394753_7571900203226103808_n

☆☆☆グリーンワルト財団・第17期奨学生・モナ・マイラーさんの第 2 回レポートです☆☆☆

Mitte April organisierte Herr Okamoto einen drei tägigen Ausflug nach Toyama, dort besuchten wir neben einigen Sehenswürdigkeiten auch seine Schwiegereltern, welche in einem original japanischen Haus leben. Die Eltern von Frau Okamoto sind zwar schon über 90 Jahre alt, wirken aber extrem fit und klar. Sie erzählten uns über ihre Zeit im Krieg und ihre Erfahrungen,- so etwas zu hören rührt einen sehr, auch wenn ich auf Grund der Sprachbarriere kein aktives, direktes Gespräch führen konnte.

4月上旬、岡本理事長は3日間の富山旅行を計画して下さいました。ここで私達は観光地を巡り、また伝統的な日本家屋にお住まいの岡本理事長の義両親を訪れました。岡本理事長の奥様のご両親は、90歳を越えていらっしゃるのですが、信じられないほどにお元気でいらっしゃいます。私達は、戦時中のお話しや様々な経験談を聞かせて頂きました。私は言語的な壁があり、直接日本語で、という訳にはいきませんでしたけれども、お話しを伺えてとても心動かされました。

okamoto

Auf dem Hinweg besuchten wir das „Shirakawa Dorf“, welches zu einem der UNESCO Weltkulturerben zählt. Die Besonderheit der Häuser ist die Form der strohgedeckten Dächer, welche an betende Hände erinnern sollen. Da in jener Region im Winter bis zu vier Meter Schnee fallen können, sind die Häuser extrem stabil und in ihrer Bauart einzigartig. Durch das Betreten der original erhaltenen Häuser, konnte man sich den traditionellen japanischen Alltag von früher gut vorstellen.

富山旅行では、ユネスコの世界遺産にも登録されている白川郷へも赴きました。ここの家屋の特徴は、祈る時(合掌)の手の様な形をしたわらぶき屋根です。ここでは冬になると、4メートルも積もることもあるそうですので、非常にしっかりした住居であり、建築法が大変優れていると思います。オリジナルそのままの建物内へもお邪魔することができ、かつての日本の伝統的な日常生活を想像することが出来ました。

59064480_578098909341539_132846705719640064_n

58779060_290207975193270_8522276895604080640_n

59541594_284964655788865_5032490992645701632_n

Am Abend gingen wir dann „Shabu Shabu“ essen,- ein traditionelles japanisches Feuertopf-Gericht. Mich begeisterte nicht nur das tolle Fleisch, welches man zusammen mit verschiedenen Gemüsesorten in eine Art Fondue Topf hält, sondern auch die Art und Weise der „Präsentation“. Ja, man muss es Präsentation nennen, denn jedes Mal wenn die kimonotragende Bedienung unseren Raum betrat oder verließ, kniete sie sich in vollkommener Ruhe und Konzentration nieder und verbeugte sich. Das beeindruckte und irritierte mich irgendwie zu gleich. So etwas gibt es bei uns in Deutschland nun wirklich nicht. Darauf erklärte mir Herr Okamoto, dass das Verbeugen und Niederknien ein Zeichen des Respekts gegenüber den Gästen, sowie der Speisen sei. Auch die Eingangstür unseres Esszimmers sei extra sehr niedrig gebaut, damit den Eintretenden nichts anderes übrig bleibt, als sich zu bücken.

夜には、日本の鍋料理・しゃぶしゃぶレストランへ参りました。様々な野菜の種類を、フォンデュ鍋の仕様で頂く最高級のお肉のみならず、その”プレゼンテーション”の方法に大変感銘を受けました。そうなんです、私は”プレゼンテーション”と名付けずにはいられませんでした。着物姿の仲居さんが私達の部屋を出入る際には、完全なる静寂の中で集中して跪ずきお辞儀をされるのです。私はとても感心し、又どこか刺激された様にも感じました。ドイツにはこうしたお店は間違いなくないと思います。岡本理事長は、こうしたお辞儀をしたり正座の姿勢をすることは、お料理に対して、またもちろんお客様に対しての敬意を表している仕草であることを説明して下さいました。また私達のお食事を頂いたお部屋の入り口はあえて低く設えてありました、こうすることで出入りする際に、かがまずにはいられない様になっているそうです。

59688655_2234409096888535_8361692432093413376_n

59621274_335889360459610_3573360597829419008_n

58847408_1209081879445788_8301816357444386816_n(1)

Generell scheint mir, dass „egoistisch sein“ eine extrem geächtete und somit stark vermiedene mögliche Charaktereigenschaft in Japan ist. Im Gegensatz zu vielen anderen Ländern, wird hier sogar im Straßenverkehr extreme Rücksicht aufeinander genommen. Ich glaube ich habe in meiner Gegend noch nie ein hupendes Auto gehört. ;)

一般的に日本では、”エゴイストであること”は、非常に注視され又可能な限り避ける様になっているのだと思います。多くの他国と比べて、ここでは道路上でさえも他者への配慮が行き届いています。私の周りでは、まだ車のクラクションの音も聞いたことがありません!

59636877_437774766986910_6734128306284658688_n

   Osaka Aquarium Kaiyūkan

Jedoch fällt mir immer öfter auf, dass die meisten Japaner sehr schlechtes bzw. gar kein Englisch sprechen. Ich frage mich natürlich, wie das sein kann, schließlich ist das Schulsystem hier recht strikt und disziplinfordernd. Mir wurde erklärt, dass in den Schulen zwar Englisch unterrichtet wird, der Fokus aber fast nur auf das Geschriebene gelegt ist. Wirkliche Aussprache- und Konversationsübungen, kommen viel zu kurz. Vor allem an verbalen Übungsmöglichkeiten würde es mangeln. Ich finde das extrem bedauernswert, denn was bringt es einem, englische Literatur zu kennen, aber keine Unterhaltung führen zu können?

しかしながら、多くの日本人は英語がとても下手、又は全く話せない人が多いことが気になります。日本の教育システムはかなり厳しくしつけもされているのに、どういうことなのだろうと不思議でなりませんでした。そしたら、日本では英語は読み書きに焦点を当てて教育されているということを伺いました。実践的な発音や会話の練習時間は短すぎて、実際に口頭で練習できる機会というのが不足している様です。私は、英語の文献が読めるのに、英語で会話ができないという事実が何をもたらすのかと、大変気の毒でなりません。
Nach vier Wochen in Japan habe ich mich also recht gut eingelebt. Im örtlichen Fitnessstudio, dessen Mitglieder zu meinem Erstaunen aus gefühlt  60% Senioren besteht, werde ich sogar schon mit meinem Vornamen begrüßt. Letzte Woche zum Beispiel kam ein älterer Herr auf mich zu und schenkte mir, nachdem er mich auf meiner Fitnessmatte grüßte, ein kleines Caramel Bonbon. Natürlich dachte ich in dieser Situation nun wirklich nicht an Süßigkeiten, aber das spielte keine Rolle, denn der Mann wollte mir einfach eine Freude bereiten,- und das hatte er.

日本での4週間を経て、私はここでの生活に良く慣れてきた様に感じています。地域のフィットネススタジオでは、驚いたことに、60%の会員がご老人の方々で、名前を呼ばれ歓迎されました。例えば先週には、年配の男性の方が私の所に近づいて来られ、私のマットに乗って挨拶された後に、キャラメル飴を下さいました。もちろん私はこのタイミングでお菓子が登場するなんて思いもよらなかったのですが、この御高齢の男性は私を喜ばせようとしようとして下さり、それは実際にそうなりました。

59631526_391268064803953_9209236861396975616_n

Im Nachhinein habe ich herausgefunden, dass solch kleine Gesten recht typisch sind für die ältere Generation Osakas. Auch hier zeigte sich mir wieder wie fürsorglich, hilfsbereit und interessiert die Menschen sind.

後になって知ったのですが、こうした飴をあげる事は、大阪の年配の方の特徴的な行為だそうです。ここでまた私は、思いやりのある、親切で、感心を抱いている人々と知り合うことができています。

58374022_593754337769958_8204085033753903104_n(1)

59396940_362378401050130_6915511788876333056_n

Obwohl die meisten Leute im Fitnessstudio schon weit über 60 Jahre alt sind, trainieren sie alle regelmäßig und nehmen an Tanz-, Aerobic-, power Joga- und sogar Krafttrainigskursen teil.  Parallel dazu im Nebenraum, üben die Kleinsten schon an ihren ersten Karatehieben

Ich bin begeistert von dieser außergewöhnlichen Motivation und finde, da können wir Deutschen uns eine Scheibe abschneiden!

このスポーツジムでは、多くの方が60歳以上であるにも関わらず、皆さん定期的に通われ、ダンスやエアロビ、パワーヨガ、それどころかダンベル等の重量トレーニング等のクラスも受講されています。そしてその横の部屋では、小さな子ども達が、空手クラスを始めています。私はこうした素晴らしいモチベーションにとても感銘を受け、私たちドイツ人もお手本にしてこうした姿勢を見習えたらいいな、と思いました。

☆☆☆グリーンワルト財団・第17期奨学生・モナ・マイラーさんの第1回レポートです☆☆☆

3月18日に、私は10時間のフライトを経て、やっとのことで日本に到着しました。“やっとのこと”と言いますのは、この長い飛行中、私は興奮していてほとんど眠ることが出来なかったからです。岡本御夫妻はとても温かく寛大に私を迎え入れて下さいました。到着した当日のうちに岡本理事長は吹田市の周辺地区を案内して下さり、とても印象深かったです。私がこれから3ヶ月間滞在させて頂くマンションは、とても明るく綺麗で家具等も素敵に設えられています。またこの滞在先マンションである”メーデルハウス(ドイツ語で”女の子の家”)”には、滞在中に自由に使用することが出来るジャグジープールやサウナも備わっています。

盆栽     梅

9

5

日本での最初の1週間は、主にグリーンワルト財団について学ぶことを主軸としたオリエンテーションとしての時間でした。岡本理事長は大変お忙しい方ですが、それにも関わらず午前中のほとんどの時間を割いて下さり、グリーンワルト財団の根本的な思想や、彼自身の人生哲学についての理解を深めさせて下さいました。

7

 岡本理事長は私に、こうした活動は彼自身の利益のためにあるものではない、ということを説明して下さいました。そうではなくて理事長のねらいは、現代社会へ貢献すること、価値のある物、アイデアや意見を深めること、様々な問題解決に向けて意見交換を行うことなどにあるという事です。日本は文化大国でアジアの中でも最も有名な国であるにも関わらず、アジアの他国と同一視され、一緒にされてしまうことがよくあります。それ故、ヨーロッパとアジアのそれぞれの側からの、文化的や歴史的な先入観の多くを占める部分に対し、正しく理解していくことが大切であると考えます。

6

foto

日本での第2週目は、岡本理事長により、緊張感が必要とされる様な予定が組まれました。吹田市長への表敬訪問や吹田市議会議員の面会、そしてケーラードイツ総領事にお目にかかれるという光栄な機会にも恵まれました。ドイツ総領事館のある梅田スカイビルは、40階の高さを誇る梅田界隈で有数の高層ビルで、周辺地区一帯を見渡すことが出来ます。この梅田スカイビルは、私がこれまで訪れたことのある中で最も高さがあり最も印象的な建物でした。

総領事館   吹田市長

私一人で訪れた最初の都市は、吹田から約1時間ほどの距離にある奈良です。奈良は、思わず息をのむほどの美しい散策路や公園、そして神社仏閣で有名な町です。私は、周辺に数え切れないほど多くの鹿がいる若草山へと足を運ぶことにしました。ここはとても閑静な場所で、人間に慣れているので鹿を撫でたり、鹿に餌を与えたりすることが問題なく出来ます。ただ、セルフィー(:自撮り写真を行うこと)は、あまり好きではなさそうでした。

鹿①

   鹿と戯れ      鹿②

若草山①

ここ2週間でのハイライトとして、岡本理事長は”山崎”というとても有名なレストランで、私の歓迎会を開催して下さいました。12品にも上るコースのお料理は、それぞれが全く異なった趣とお味で、その晩を素晴らしい冒険の旅でのひと時にするかの様でした。私の人生でこんなにも上等なお食事を頂いたのは初めてのことで、それに日本酒や日本のビールもこれ以上にないほど大変美味しかったです。

山崎料理人      山崎食事

ここに改めて、岡本理事長御夫妻の驚くほどの素晴らしいおもてなしに心から感謝申し上げます。そして、これから先に待ち受けているであろう感銘深い瞬間も、今からとても楽しみにしています。

index